建築士会 県南支部一般社団法人 埼玉建築士会 県南支部

blog「ケンチくん日記」

県南支部のブログ「ケンチくん日記」

県南支部のブログ「ケンチくん日記」を始めることとなりました。

2021/05/30

今回は初投稿ということで、県南支部地域では数少ない、有名建築のひとつをご紹介します。

立教学院聖パウロ礼拝堂(1963)

立教学院聖パウロ礼拝堂(1963) 立教高等学校(現立教新座中学校・高等学校)が1960年に開校した際に建設されたチャペルで、アントニン・レーモンド晩年の設計です(2014年に解体された校舎もレーモンドの設計)。後に付属施設、チャペル会館とベルタワー(1967)が建設され現在の姿となりました。
5年程前、改修工事が行われた際に建築士会で見学会を開催しています。
RCアーチ梁がつくる内部は視線を自然と上へと向かわせ、ステンドグラスから差し込む色彩豊かな光は内部空間に温かみをつくり出しています。新たに設置されたパイプオルガンが奏でる音色は、コンクリートの壁、天井に反響し、大きな空間が音に満たされる感覚を与えてくれます。
コロナ感染症対策の為、現在はキャンパス自体が一般立入禁止のようですが、通常なら学園祭やクリスマスミサなどのときには入れるようです。機会に恵まれたときは、是非一度、身近な名建築を体験してみてはいかがでしょうか。

チャペルについて | 立教新座中学校・高等学校 (rikkyo.ac.jp)
https://niiza.rikkyo.ac.jp/aboutus/chapel.html


nh-aa 星野尚紀建築事務所
星野尚紀